フランチャイズの意味としくみ - フランチャイズの基礎知識

フランチャイズ独立開業ガイド >> フランチャイズの基礎知識 >> フランチャイズの意味としくみ

英語のフランチャイズ(franchise)とは、もともと「特定の地点で何かをする自由または権利」を意味します。

ビジネスとしてのフランチャイズ=「フランチャイズチェーン・ビジネス(franchise chain business、FC)」について、(社)日本フランチャイズチェーン協会では、次のように定義しています。

フランチャイズとは、事業者(「フランチャイザー」と呼ぶ)が、他の事業者(「フランチャイジー」と呼ぶ)との間に契約を結び、自己の商標、サービス・マーク、トレード・ネームその他の営業の象徴となる標識、および経営のノウハウを用いて、同一のイメージのもとに商品の販売その他の事業を行う権利を与え、一方、フランチャイジーはその見返りとして一定の対価を支払い、事業に必要な資金を投下してフランチャイザーの指導および援助のもとに事業を行う両者の継続的関係をいう

フランチャイザー(FC本部)は、フランチャイジー(FC加盟店)とFC契約を結び、事業の立ち上げから経営指導までサポートします。
フランチャイジーは、サポートの対価として、加盟金やロイヤリティーをフランチャイザーへ支払います。
フランチャイザーが提供するサポート内容を、フランチャイズ・パッケージと呼びます。

本部の直営店と違って、加盟店と本部の間には雇用関係はありません。 つまり、加盟店は本部から給与を貰って店舗を運営するわけではなく、独立した事業体として利益を上げる必要があります。


フランチャイズ独立開業ガイド >> フランチャイズの基礎知識 >> フランチャイズの意味としくみ
inserted by FC2 system