フランチャイズのメリット - フランチャイズの基礎知識

フランチャイズ独立開業ガイド >> フランチャイズの基礎知識 >> フランチャイズのメリット

個人で独立開業する場合と比べて、フランチャイジー(加盟店)として開業することには、以下のようなメリットがあります。

(1) 知識や経験が無くても始められる

本部からのサポートでノウハウを貰えるため、事前に事業に対する知識や経験が無くても起業できます。
具体的には、マニュアル提供、開業研修、スーパーバイザー(※)からの直接指導などです。

※スーパーバイザー(supervisor、SV) … 加盟店の運営状況のチェックや経営指導などを行う本部スタッフのこと。

(2) 短期間で事業を軌道に乗せられる

事業を始めて軌道に乗せるには、ノウハウの蓄積、商品ラインナップの充実、お客様の信頼(ブランド)の構築などが必要です。
これらを全て自力だけで満足するには、少なくとも2〜3年はかかるでしょう。
フランチャイズの場合、最初から確立されたノウハウ、商品、ブランドを利用できるので、早ければ半年〜1年で経営を軌道に乗せることも可能になります。

(3) 失敗のリスクが抑えられる

(2)とも関係しますが、ノウハウやブランドを構築していくのは、経験を積んだ経営者であっても非常に難しいことです。
場合によっては、これらがうまく行かないまま、事業が軌道に乗るのを待たずに失敗してしまうことも珍しくありません。

フランチャイズの場合、ある程度の成功が見込める店舗経営の仕組みをパッケージ化していますので、 こうした失敗のリスクを低く抑えることができます。
また、FC本部が加盟店の店舗の立地調査や、近所にライバル店が出た場合の対策をしてくれる場合もあり、 そういう点でも失敗のリスクは低くなるといえます。

ただし、フランチャイズだからといって失敗のリスクが全くゼロというわけではありません。
この点にはくれぐれもご注意ください。


フランチャイズ独立開業ガイド >> フランチャイズの基礎知識 >> フランチャイズのメリット
inserted by FC2 system