フランチャイズのデメリット - フランチャイズの基礎知識

フランチャイズ独立開業ガイド >> フランチャイズの基礎知識 >> フランチャイズのデメリット

フランチャイズはメリットばかりではありません。
以下のようなデメリットがあることも抑えておきましょう。

(1) コストが高くつく

フランチャイズでも、店舗や什器などを本部が無料で提供してくれるわけではありません。 これらは自費で購入またはリースする必要があります。
原材料や商品、設備などは、FC本部から購入することを義務付けられているため、実勢価格より仕入額が高価になる場合があります。

また、FC契約時の加盟金、保証金、研修料、ロイヤリティー、 契約期間途中での脱退時の違約金、契約更新時の追加納付金など、フランチャイズの場合のみ必要になる費用もあり、 一般的には、個人で独立開業するよりもコストが割高になります。

ただし、仕入れに関しては、FC本部が大量購入することにより仕入額を安く抑えられるという、 チェーンストアならではのマスメリットが享受できる場合もあります。

(2) 自由が制限される

フランチャイズでは、全店舗で均一の商品・サービスを提供するために、店舗運営においてFC本部の指導に従う義務があります。 このため、FC加盟店はFC本部と独立した事業者ではありますが、経営の自由度は大幅に制限されます。
指導に従わない場合、契約違反としてペナルティ(違約金)を課される場合もあります。

以下のように、賞味期限が迫った商品を加盟店が独自判断で値下げして廃棄を防いだ結果、FC本部とトラブルになった例もあります。

【セブンイレブンに賠償命令 値下げ制限は独禁法違反】

また、契約終了後も、同業種のビジネスを数年間禁止される場合もあります。

(3) 悪徳フランチャイズ業者の存在

FC本部の中には、店舗経営やフランチャイズ展開について充分なノウハウを持たないにもかかわらず、 FC加盟店を募集して加盟金を支払わせたり、高額な什器を買わせたりする悪徳業者も少なからず存在します。

ひどいものになると、成功の見込みがほとんどないことを認識していながら、根拠の無い見積もりで騙して加盟させ、 加盟金を振り込ませた後に計画倒産したり、逃げ出したりといった完全な詐欺紛いの業者もいます。
FC本部の選択は、くれぐれも慎重に行ってください。


フランチャイズ独立開業ガイド >> フランチャイズの基礎知識 >> フランチャイズのデメリット
inserted by FC2 system