開業資金の目安 - フランチャイズ開業までの流れ

フランチャイズ独立開業ガイド >> フランチャイズ開業までの流れ >> 資金を準備する >> 開業資金の目安

加盟店として開業するのに必要な資金は、業種によって異なります。  30坪(約100u)程度の標準的なコンビニエンスストアでは、およそ3000万〜5000万くらいの資金が必要になります。  スーパー銭湯やレンタルビデオ店などの大規模店舗の場合、駐車場の確保や商品の仕入のために3〜5億円もの初期投資がかかる場合もあります。  逆に、店舗がいらないハウスクリーニングなどの出張サービスなら、100万円以内に収まる場合もあります。
初期投資額を左右するポイントは、以下の二点です。

  • 店舗に必要な坪数 … 無店舗や、1階に店舗を構えなくていい業態なら安い
  • 開業前の商品仕入 … 低額商品を扱う業態なら安い
業種別の初期投資額目安(※)
初期投資額 業種
〜500万 無店舗販売
出張サービス
500〜1000万 飲食(テイクアウト)
買取ビジネス
1000〜3000万 飲食(小店舗)
学習塾
3000万〜5000万 コンビニエンスストア
コーヒーショップ
5000万〜1億円 レストラン
居酒屋
1億円〜 スーパー銭湯
レンタルビデオ店

※あくまで目安なので、実際の金額はFCによって異なってきます。
 また、自己資金が初期投資に満たなくても、FC本部から融資を受けられる場合もあります。


フランチャイズ独立開業ガイド >> フランチャイズ開業までの流れ >> 資金を準備する >> 開業資金の目安
inserted by FC2 system